What's New
情報編集  15 July 2021

V/UHF帯のQSLカードの島名不記載

 

V/UHF帯で交信し取得したQSLカードに島名が記載されていなかった場合、「IOTA Programme Rules C.1.4 VHF/UHF運用のための措置」が定められています。

QSLカードに島名が記載されていない場合、地理座標やグリッドロケーターなどの位置情報があれば、チェックポイントの裁量に委ねられる

 

とありますので、カードにグリッドロケーターの記載があれば、区域内に該当する島があれば特定出来ますので、クレジット可能です。 ただし、同じGL区域内に本島や別のIOTA番号の島が存在する場合は
区別が出来ませんので、クレジットは出来ません。(GLは6桁が望ましい)

(05/June/2021)

HFとV/UHFアップデート申請を同時に行う際の申請料減免措置

 

従来、HFアップデート申請とV/UHFアップデート申請を同時に行う場合、

申請料がそれぞれ必要でしたが、今回システムの修正を行い、

48時間以内に同時申請されクレジット数の合計が100以下の場合は、

追加の申請料は支払い免除となりました。

(27/Apr/2021)

Club Log / LoTW QSO Matchingの可否について

 

常駐局との交信で電子照合可能リストに掲載されているものの、

電子照合でクレジットが追加されないとのお問合せが数多く届いていました。

全ての常駐局の確認を行い、照合有効期限を本年末に変更する作業が完了しましたので、

再度お試し下さい。 もし、不都合があればIOTA CP JAまでご連絡下さい。

(12/Apr/2021)

7H9H OC-275

Club Log電子照合によるクレジット追加が可能になりました。

(07/May/2021) (Thanks to JA5CEX)

NL0H NA-040

LoTW電子照合によるクレジット追加が可能になりました。

(15/July/2021) (Thanks to JH2XQY)

7C8M OC-236

Club Log電子照合によるクレジット追加が可能になりました。

(12/Feb/2021)

TX0T OC-298

LoTW電子照合によるクレジット追加が可能になりました。

(05/Dec/2020)

毎年の申請クレジットの推移資料

2021年2月22日からの申請者数・クレジット数の集計を掲載しています。

オンラインによるIOTA運用情報提供機能の実装

従来はIOTA運用を行った後、必要な書類や詳細情報をIOTA Validation Teamにメールで送信する必要がありましたが、2020年9月14日よりIOTAウェブサイトから通知出来る様になりました。
日本語化が完了しましたので処理手順のマニュアルを改定し、ver1.0としましたのでご参照下さい。
又、IOTA常駐局もこの機能を利用して情報提供が可能です。
(19/Sep/2020)


電子照合を利用したIOTA申請の流れ
Club Log Matchingを使ったIOTA 申請の流れをJN6RZM 山本さんのご協力を得て作成しましたが、LoTW Matchingを含めた資料に改定しました。 新規申請ならびにアップデート申請でご活用下さい。
印刷して配布される場合は、こちらのIOTA 申請の流れ(白黒版)もご活用下さい。
(12/Sep/2020)


LoTW QSO Matchingに関するFAQの追加
LoTW QSO Matchingに関するFAQを追加すると共に、LoTW QSO Matchingのマニュアルを改定いたしました。
(14/Aug/2020)


LoTWを用いたクレジット追加機能の実装
従来はClub Logを用いたQSO照合によるクレジットの追加が可能でしたが、2020年5月21日よりLoTWにアップロードされたQSOデータの照合結果によりクレジットを追加出来る機能を実装し、提供出来る様になりました。 導入時点では、DXCCエンティティに1つのIOTAリファレンス番号しかないエンティティのみが対象ですが、DXCCエンティティに複数のIOTAリファレンス番号があり、クレジット率50%以下の運用分に対しても順次追加される予定です。 これにより、LoTWのみにログデータをアップロードしていたIOTA運用局のクレジットも追加出来る様になります。
(21/June/2020)

 

LoTW QSO Matching用移動局プロファイル作成マニュアル
LoTW QSO Matchingが導入されましたが、LoTW上では移動運用ログはコールサインの証明書を別にしてログデータをアップロードしないと、相手局がアップロードしたコールサインと一致せず、クレジット照合が不成立になってしまいます。
そこで、別のコールサイン証明書の取得方法及びIOTA移動運用プロファイル作成方法のマニュアルを作成しましたので、こちらを参照下さい。
(16/June/2020)


Club Log Matching登録マニュアル(英語版)
海外のIOTA運用局及びそのQSLマネージャ向けのClub Log Matching登録への導入マニュアル英語版を作成しましたので、対象となる方へ対応の依頼をされる際にご活用下さい。
運用詳細情報の記述を追記しました。
(02/May/2020)


2020年アニュアルリスティング
今年1月31日に締め切られたアニュアルリスティングのJA局のみ集計したリストを作成しました。
リストされた局数で昨年第二位のドイツを抜いて、新第二位になり、第一位の米国に肉薄して来ました。
(23/Feb/2020)


運用証明が必要なJAのIOTA番号
以下の日本に帰属するIOTA番号の島から運用した際、その運用証明書類の提出が必要となっています。
従来はクレジット率が25%以下の場合必要になりましたが、見直しを行い、クレジット率の低い順番で500島を対象とする様にルールを変更した模様です。
正式な発表はありませんが、目安としてクレジット率が29%以下がボーダーの様です。
詳細が判り次第、再度ルール変更内容を掲載いたします。
2020年4月2日時点での必要の有無は以下の通り。 AS-036 壱岐・対馬、AS-043 伊豆諸島南部とAS-200 四国沿岸は不要になりました。
(01/Feb/2020)

AS-007  76.9% 本州
AS-008  34.2% 伊豆諸島北部
AS-012  47.2% 九州沿岸
AS-017  49.3% 沖縄本島
AS-023  34.4% 奄美諸島
AS-024  40.2% 八重山諸島

AS-030  26.2% 火山列島
AS-031  61.9% 小笠原群島
AS-032  39.8% 大隅諸島
AS-036  30.2% 壱岐・対馬
AS-037  36.0% 甑島諸島
AS-040  37.1% 五島列島
AS-041  40.9% 隠岐諸島
AS-043  29.9% 伊豆諸島南部
AS-047  35.1% 大東諸島
AS-049  32.1% トカラ列島

AS-056  23.1% 男女群島
AS-067  26.6% 宇治・草垣群島

AS-076  64.4% 四国本島

AS-077  59.6% 九州本島
AS-078  64.4% 北海道本島
AS-079  41.5% 宮古諸島
AS-117  49.6% 本州沿岸西日本
AS-147  39.3% 北海道沿岸
AS-194P  0.0% 尖閣諸島
AS-200  32.8% 四国沿岸
AS-206  18.8% 本州沿岸東日本
OC-073  46.3% 南鳥島


RI0B, RI1F, YB4IR, YB8RW等
多くの方が RI0B / RI1F / YB4IR / YB8RW IOTA運用分のクレジットを QSL カードにて申請されています。 RI0B, RI1F は Club Log にアップロードする ADIF ファイルのコールを<call:11>RI0B/AS-054 や<call:10>RI0B/AS-68 や<call:11>RI1F/EU-190 の様に変更してアップロードする事で Club Log Matching が可能になります。 又、YB4IRやYB8RWの運用分はLoTW QSO Matchingでコールサインを変更せずにクレジットを得られます。 是非、申請直前に上記の作業を行っていただき、カード提出が不要になる様にお願いいたします。
(05/Jan/2020)


欧州個人情報保護法
2018年5月25日から施行された新しい欧州個人情報保護法(General Data Protection Regulations: GDPR)に IOTA ウェブサイトも対応しています。

1) ユーザー登録後2年間にログイン履歴がないユーザーの個人情報は自動的に消去する
2) ユーザー登録を行い、クレジットを追加したものの、アワード申請を行わず1年が経過したユーザーの個人情報は自動的に消去する(ただし、コールサインと入力されたクレジットデータのみ保持され、ログインパスワードの変更を行った後、個人情報を再登録する事で復活出来る)
3) IOTA委員会メンバー及びチェックポイントは、ユーザーの個人情報は外部には開示しない

ログイン出来たとしてもクレジットを追加出来ない場合は、アカウントが上記理由により取り消されている可能性がありますので、その時はチェックポイントに一度お問合せを下さい。 アカウントが取り消されている場合は、再度ユーザー登録が必要となりますので、ユーザー登録マニュアルを参考に、再登録をお願いいたします。 以前に確定しているクレジットは保持されていますので、ご安心下さい。
(3/Jan/2020)


IOTAディレクトリ改定
IOTA委員会ではIOTAディレクトリの「IOTAプログラムルール」のE.1.2項の改定を行い、運用時及びQSL発行に際しての差別的なふるまいに関する規定を追加いたしました。
変更箇所は太文字で示します。
「IOTA委員会は、実行可能な限りフェアプレーの維持を重視しています。 時々、公式の介入が正当化される状況が発生します。 1つのケースとして、交信時やQSLカード又はQSO照合を実行する際に、1人以上に対する扱いが差別的で不公平であると見受けられる様な場合です。 この例としては、レアなIOTAグループへのペディションが、IOTAプログラムの非参加者との交信を区別したり、運用後にログからそれらを削除したりする明確な行為の場合です。 これに関して、従うべき基本原則は、交信相手がIOTAの既参加者かどうかは重要でないということです。 この様に公正な振る舞いを順守しない場合、IOTAプログラムを不名誉なものにする事を理由に、その運用に対するIOTAクレジットを拒否する十分な理由となります。 全ての参加者は、最高のハムスピリットに従って行動するという私達の長く確立された伝統を尊重するよう求められます。
(16/Sep/2019)


新しいGoogle Earth用KMZファイルv3
新らしいKMZファイル(ver.3)がダウンロード出来る様になりました。
2019年6月22日に発表された新しいIOTA番号に対応したバージョンです。
(19/Aug/2019)


IOTAディレクトリ2018
IOTAディレクトリ2018日本語抄訳版の一部改訂を行いrev1.4としました。
6月に発表された新しいIOTAリファレンス番号を追加した島リストに差替えました。
(10/July/2019)


R25RRA EU-147
2018年7月に運用された R25RRA EU-147 のカードに記載された島名がプルダウンリストに表示されない、とのご指摘があり調査した結果、「Sedel'nyye Islands」の一部である事が判明しましたので、クレジット追加の際はその島名を選択して下さい。
(06/July/2019)


新しいIOTA番号が追加されました
6月22日に開催されたドイツHAM RADIO 2019のIOTAセッションにて、新しいIOTA番号を6つ追加する旨の発表がありました。

 - AS-206P JA0,1,2,7 Honshu's Coastal Islands East
 - AS-207P R0K Chukchi Sea Coast Centre group
 - OC-298P FO Tatakoto Atoll, Tuamotu Islands
 - OC-299P V6 Yap East group
 - OC-300P T31 McKean and Nikumaroro Atolls, Phoenix Islands
 - SA-101P CE0 Alejandro Selkirk Island

詳細は発表資料をご覧下さい。
(22/June/2019)